活動の記録

2016.06自由都市・堺 平和貢献賞を受賞。
2016.041棟目の寄宿舎の再建工事が完了。
2016.01寄宿舎の再建工事に着手。
2015.09フィリムの被災状況を調査。再建計画を策定。
2015.05ネパール大地震フィリム緊急支援募金活動を開始。
2015.04ネパール中部大地震により、ブッダ・スクールが被災。寄宿舎3棟および建設中の教員宿舎が大破。
2015.02「ヒマラヤの学校建設15年の軌跡~AAFのNGO活動展vol.3」を開催(ギャラリーA4/東京)。
2013.123期工事の教員宿舎が着工。
2013.02厨房棟竣工。
2012.09フィリムの3期工事の第1弾として厨房棟が着工。
2011.124棟目の寄宿舎が竣工。
2011.09UIA2011東京大会第24回世界建築会議にてフィリムの学校プロジェクトを発表。
2011.07ネパール政府よりブッダスクールの寄宿生に奨学金の支給開始。
2011.06フィリムで4棟目の寄宿舎が着工。st_201106敷地に搬入された石材と木材
2011.05在ネパール日本大使館の書記官がブッダスクールを視察。AAF代表が同行。
2010.03「ヒマラヤの学校建設その後~AAFのNGO活動展 vol.2」を開催(ギャラリーA4/東京)
2009.10.3国際石材建築賞受賞(ヴェローナ、イタリア)
(INTERNATIONAL AWARD ARCHITECTURE IN STONE 2009 - XI EDITION)
日経BP, 共同通信
Marmomac
200910_marmomac
2009.052期工事竣工。
2009ブッダスクールの卒業生ウルミナさん(右)が先生として赴任。ウルミナさん、プルダニさん(左・2008年に赴任)は、共にさくら寮の出身。st_200900
2008.08国際巡回展「地球にやさしい建築展」に出展。
2007.04日本建築学会賞(業績賞)受賞。
2006.10「パラレル・ニッポン 現代日本建築展1996-2006」(東京写真美術館)に出展。
2006.08カニヤキャンパスポカラ女子寮竣工。
10名の第1期生が入寮。
2006.04フィリムの学校建設支援に対して、第1回こども環境学会賞奨励賞を受賞。
2005.08カニヤキャンパス ポカラ女子寮着工。
2005.07「AAFのNGO活動~ヒマラヤの学校建設~展」を開催(ギャラリーA4/東京)。
2005.04『ヒマラヤに学校を建てよう!建築家のボランティア奮闘記』(彰国社)を出版。
2004.12JNFEAとの提携により、ポカラのカニヤで女子寮の計 画に着手。
2004.04
第26次隊
竣工1年後検査。
学校の運営状況、宿舎の必要性を確認。
2期敷地にて縄張り。
2004.02奨学金(松浦基金)スタート
廃屋を食堂に一時改修
実験室を宿舎に一時改修。
各村の生徒数を調査。
2期工事の見積。
2003.052期工事へ向けた資金活動開始。
2003.4.18
第21次隊
Budda School 遂に竣工、開校を迎える。
松浦基金の運用を検討 → 外の村から通う生徒のための奨学金。
2003.2
第20次隊
2期工事のための条件提示。
竣工式4月18日の打ち合わせ及び銘板記載文の検討。
2002.12
第19次隊
外構の決定、・2期用地の確認、・資金管理状況の確認。
2002.11
第18次隊
日本大使館と関税、古着、教師派遣について協議。
合板数量チェック。
教育省、経済省協議。
2002.10
第17次隊
木材切出し作業の撮影。
2002.9
第16次隊
南ブロック石積マグサ上まで完了。
北ブロックは基礎から50センチまで施工中。
木材は10月中に全部搬入予定。
日本大使館へ中間報告、決算は2003.3月に延期で了承。
工期延長、古着コンテナ11月中発送予定。
2期計画ABC案検討
賃金の調整等
2002.082期工事の計画についてスタディーを開始。
2002.07
第15次隊
ゴルカ郡議長や近隣村長らと、12月竣工へ向けた協力体制について話し合い、調整。
郡教育長と、教師の人材および給与確保等に関して話合い。
2002.05マオイストの破壊活動がフィリムにもおよび、無線通信を喪失。
(攻撃対象は政府機関であり、外国人と現地住民には危害を加えない。)
2002.4-5
第14次隊
強制ゼネストの中、出発。学校建設の体勢(責任者、賃金、工事管理、報告など)建て直し。
周辺村落への建設のアピール、および就学人数の調査をトレッキングにて実行。
治安の影響から、やむを得ず範囲を限定。
st_200204
訪問した奥の村の子供たち
2002.03
第13次隊
日本大使館にて「草の根資金援助金」授受。
ゴルカ郡の議長、村長らと会合。就学の対象地域にある9つの村の代表者からなる、建設委員会の組織を依頼。また、村長が村に常駐できない為、代理の工事責任者をたてることを依頼。
現地にて、発生していた資金管理の問題を処理。収支の報告を受け、賃金未支払い分を精算。
4月工事再開を決定。雨季に入るため、工事は12月完成を目指す。
賃金の支払方法、工事管理の方法について改善策を指示。
パタンの小学校にてヒアリング。
st_200203
まる2日間終日の支払い作業。就労記録に基づき、労働者(村人)ひとりひとりに直接手渡す。
2002.02
第12次隊
マオイストの活動が活発化し治安がますます悪化。交通の危険などから現場監理が十分できない状況。
2期用地について、草の根無償資金の口座開設について、村長と協議。日本大使館とも協議。
生徒募集チラシ、プライウッド、アクリボード選定。
度重なる賃上要求に対し工事を一時ストップ。
新任の監督決定。
パタンの小学校を視察。
2001.12
第11次隊
治安悪化のため現地入りは見送り、カトマンズにて打合せ。
工事進捗状況(45日遅れ)と、開校時期(6月)を確認。
擁壁、壁厚、梁などについて打合せ。
新任の現場監督と作業チーフの関係など、作業指揮系統などについて打合せ。
教師(12名)は、民家に宿泊することを確認。
日本大使館にて、草の根資金援助覚書文書を締結。
ゴルカ選出の国会議員を通じて文部省事務副次官と打合せ。
難航している2期工事の用地選定について打合せ。
2001.10.26大阪府建築士会シンポジウム開催。
「私たち建築士がアジアにできること ネパールの学校建設を通して」
パネラーに松浦輝夫(*)さんらを招待。
(*)松浦輝夫 故植村直己とともに日本人してチョモランマ初登頂(1970)を果たした登山家。現在、学校建設支援活動を準備中。
2001.10
第10次隊
合成梁や屋根材の仕様を決定。運搬仮置きした石材の数量を検分。
周辺の村へのトレッキングによるPR計画について打合せ。
現場監督の工事管理が不十分であると判断。新たな人選を行うことを確認。

地鎮祭を挙行(10/19)。
基礎堀方が終わった南側教室建設地中央に、鎮めもの、穀物、花、酒(ロキシー)などを乗せた円形の盆が設置され、そこに読経する2名の祈祷師、そして直角に向かい合わせにAAFのメンバー2人(赤尾・山内)が座し、そのまわりを村人が取り囲んで行われた。
まずAAFメンバーは、水で手を清め、ロキシーを口に運ぶ。女性の祈祷師と通訳が、銅製の小さな器6つに、金銀の古貨、穀物、酒、水銀などを次々にいれてゆく。その後、女性の祈祷師とAAFメンバーと村長が、四方清祓のような行事を行う。すなわち、基礎堀の隅部の6箇所を次々と訪れ、器を収めた上に、赤尾氏と村長が壁石を蓋をするようにかぶせ、その上に小石を2個並べ、その後村人数人が、穀物・酒・花などを注ぎ込む。
以上で地鎮祭が完了。

その後、石材の運搬仮置きしてできた、高さ1mのステージで、村長、建設委員会、保護者の代表、警備団、AAFなどがスピーチ。
st_200110
2001.08
第9次隊
スレート、セメント、木材等、資材の調達方法とコスト、各部位の寸法および施工方法、工程管理などについて打ち合わせ・確認。
通学路の確認を行い、入寮するであろう生徒数は約100人との報告。
MCAP(Manaslu Conservation Area Project)と会合。
カトマンズの占い師により起工式の日取りを決定。
日本大使館にて、補助金・マオイストへの配慮などについて打合せ。
ゴルカ州のDDC(District Develeopment Commitee)議長と、建設資金および教師の派遣について打合せ。
st_200108
2001.4-5
第8次隊
ネパール人の工事監理者、現場監督を面接、現地へ同行し依頼条件の確認と合意、ネパール人現場監督を常駐させ、石材、木材の本格的調達を開始。
フィリム村建設委員会との間で資金管理方法について協議、報告書・領収書の書き方等の指導。
敷地の再実測。
st_200105
2001.04
第7次隊
カトマンズ日本大使館にて、入域許可及び補助金申請の確認。
フィリム村に対するAAFからの入金方法についてフィリム村長と確認。
st_200104
2001.01
第6次隊
SWCおよび在ネパール日本大使館と補助金(草の根無償資金協力)等についてヒアリングを実施。
2000.12
第5次隊
木材・石材等現地の材料を調査・確認。
フィリム村長とAAFが学校建設計画の合意書に調印。
2000.11
第4次隊
フィリムを管轄する政府機関であるゴルカ郡のCDO(州知事)、およびカトマンズのSWCを計画の合意のために訪問。
2000.04~05
第3次隊
現地の代表者(グルン村長)に基本計画案を提示。
在ネパール日本大使館、およびカトマンズのSWC(社会福祉委員会)等に現地の社会状況、支援のシステム等についてヒアリングを実施。
2000.04基本計画案を作成し、団体名称を"AAF(Asian Architecture Friendship)"に決定。st_200004
1999.12
第2次隊
フィリムの敷地実測等、計画のための事前調査を実施。
1999.11フィリムでの学校建設計画「ネパール・スクール・プロジェクト」着手を決定。
1999.10
第1次隊
ネパールのビンフェディとフィリムを視察。
1998竹中工務店へのネパール人留学生から、当地の教育環境について紹介を受ける。
低就学率、低識字率(約40%)、社会的教育不備。
殊に学校建設は公立といえども住民負担であり困難。
1996竹中工務店設計部有志を中心としたメンバーがチベット、中国福建省の土楼を視察。