寄付金控除について

特定非営利活動法人AAFは2015年4月、国税庁より「認定NPO法人」として認可されました。
皆様からのご寄付は、寄付金控除の対象になります。

個人によるご寄付

個人の皆さまからのご寄付は、特定寄付金とみなされ寄付金控除の対象となります。
認定NPO法人への2,000円を超えるご寄付は、A.総所得金額、B.所得税額、のいずれかから控除できます。

A. 所得控除による方法

【その年の特定の特定寄付金の合計額 − 2千円 = 寄付金控除額】

  • 控除を受けられる寄付金額は年間総所得金額の40%が上限です。
  • 税率をかける前に控除されますので、控除の効果が個人の税率に影響されます。税率は高額所得の人ほど高くなります。

B. 税額控除による方法

【(その年に支払った特定寄付金の合計額 − 2千円) × 40% = 所得税の税額控除額】

  • 控除を受けられる寄付金額は年間総所得金額の40%が上限です。
  • 控除上限額は所得税額の25%です。
  • 税率をかけた後の税額から直接控除されますので、効果が税率に影響されません。税率の低い所得層に有利です。
特例措置を受けるための手続き
1. 所轄税務署で確定申告を行ってください(年末調整等では控除できません)。
2. 確定申告書提出の際に、AAFの発行した領収証を添付してください。
(毎年1月に前年分の寄付記録を記載した領収証を発行します)

お願い・ご注意
「領収書」の宛名は基本的にご寄付くださる際お知らせいただいたお名前となります。
ご寄付お振込の際にお手元に残る、「払込票兼受領書」等の控えは大切に保管してください。
紛失等による領収書の再発行はご容赦ください。申告時まで大切に保管してください。
また、制度の概要については国税庁のウェブサイトをご参照ください。
寄付金には、入会の年会費は含まれません。

法人によるご寄付

法人の方からのご寄付は、一般の寄付金等の損金算入限度額とは別に、 これと同額の範囲内で損金算入をすることができます。
損金算入できる金額の計算には、他の認定NPO法人や特定公益増進法人に対する寄付金も含まれます。

特例措置を受けるための手続き

寄付をした日を含む事業年度の確定申告書提出の際に、申告書に必要事項を記入し、当団体が発行した領収書を添付してください。
(毎年1月に前年分の寄付記録を記載した領収証を発行します)

お願い・ご注意
「領収書」の宛名は基本的にご寄付くださる際お知らせいただいたお名前となります。
ご寄付お振込の際にお手元に残る、「払込票兼受領書」等の控えは大切に保管してください。
紛失等による領収書の再発行はご容赦ください。申告時まで大切に保管してください。
寄付金には、入会の年会費は含まれません。

その他

毎年1月1日~12月31日までに行った寄付について、翌年1月にAAFが発行する領収証を添付し、3月15日までに所得税の確定申告をすると、所得税の寄付金控除と個人都民税の寄付金控除の両方を受けることができる自治体もあります。(東京都など)
詳しくはお住まいの地域の自治体にお問い合わせください。

遺贈によるご寄付

また、遺贈としていただきましたご寄付は寄付金控除等の対象です。
必要な手続きをお取りいただくことによって、税法上の特例措置が受けられます。
詳しくは、お問い合わせください。