ブッダ・スクールの1棟目の寄宿舎再建工事が完了しました

1月にスタートしたフィリムのブッダ・スクールの1棟目の寄宿舎再建工事が予定通り4月下旬に完了し、テント暮らしをしていた生徒たちのうち、40名が入居しました。2棟目の再建工事も順調に進み、現在内部のベッド等を施工中です。引き続き3棟目の工事に着手し、10月には被災した3棟の寄宿舎が全て再建され、現在もテント暮らしを続ける62名全員が地震前の生活に戻れる予定です。

160701saikenkouji_s再建工事が進むフィリムのブッダ・スクール

自由都市・堺 平和貢献賞を受賞しました

AAFが「自由都市・堺 平和貢献賞」の第5回受賞者に選ばれました。同賞は、アジア・太平洋地域で平和貢献活動を行っている団体を表彰することで、国内外に国際平和の大切さを発信し、平和と人権の尊さへの理解、国際協力・貢献活動の促進を図ることを目的に、堺市が2008年に創設した賞です。
企業に勤めながら建築の専門家としてのノウハウを生かした活動を展開していることから、企業人への平和貢献活動の普及が期待できるとして高い評価を受けました。
→ 「広報さかい」の記事を見る

リンクをシェアShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on LinkedIn0Email this to someone