ネパール大地震により、ブッダ・スクールが被害

ネパール中部で発生した大地震により、フィリムのブッダ・スクールが被害を受けました。
フィリム村とブッダ・スクールの復興に向けて、AAFは緊急支援募金活動を実施します。

2015年4月25日15時11分(現地時間11時56分)頃、ネパールの首都カトマンズから北西約80km地点を震源とする、マグニチュード7.8の大地震が発生しました。この地震の影響で、AAFが支援するフィリムのブッダ・スクールも少なからぬ被害を受けました。現地で3期工事の教員宿舎の建設に携わっていた石工からの情報によると、寄宿舎3棟と建設中の教員宿舎の壁が崩れ、その他の建物も部分的に損傷を受けています。地震発生時にはまだ新学期が始まってなかったこともあり、学校の敷地内には生徒も教員も不在で、これらの建物の被害による負傷者はいないとの情報を得ていますが、民家の被災状況や村人たちの安否等について詳しいことは不明です。地震から2週間が経過した5月9日の時点で、フィリムへの山道は崖崩れ等により分断されたまま、陸路では現地へ行くことが困難な状況であり、またヘリコプターも各地への支援物資の輸送のために不足している状態で、AAFが直接現地の状況を確認できるまでにはまだしばらく時間がかかるものと予想されます。現地に入ることが可能になり次第、AAFではフィリム村とブッダ・スクールの復興支援活動に入る計画をしており、そのための緊急支援募金活動を実施します。
被災した子供たちが、またこれまでのように学校に通うことができるよう、みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

詳しくは、会報 AAF NEWS vol.13をご覧ください。

なお、ポカラで建設支援を行ったカニヤ・キャンパス・ポカラの「さくら寮」は、日本ネパール女性教育協会より、建物、寮生とも無事、との報告を受けております。

ネパール大地震 フィリム緊急支援募金

ゆうちょ銀行払込取扱票の通信欄に「ネパール震災支援」ご記入の上、下記口座にお振込ください。

口座番号: 00910-0-64819
加入者名: AAF基金

ブッダスクール(フィリム)の位置と震源地

リンクをシェアShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on LinkedIn0Email this to someone